ドッグベストセメント

すずき歯科医院ではドッグベストセメントというミネラル成分を含んだ特殊なセメントを患部に塗ることで、虫歯を治す「削らない虫歯治療」を行なっています。
歯は、削れば削るほど弱くなり、削った周囲にヒビがはいってしまうため、治療を繰り返すたびに寿命が短くなってしまいます。
歯の寿命を縮める「削る」という工程をなくして、体に優しい素材だけで虫歯を治す画期的な治療です。


  歯科治療において、早期発見、早期治療の時代は終わっています。
歯は削れば削るほど、歯の寿命が短くなります。
歯を失わないためには、出来るだけ歯を削らないこと。
神経を抜かないことが大切です。
現代の歯科医療は
Minimum Intervention

   最小の侵襲
虫歯は細菌感染症です。虫歯菌を殺菌することである程度の大きさの虫歯は削らずに治せる時代になりました。

 歯の神経の役割

1. 歯の神経は歯の中心部にある組織で、血管や神経線維・リンパ管などで構成されています。それらを利用して、歯に栄養が送られています。 

2. 歯の神経はむし歯ができると冷たいものや熱いものに反応し、“しみる”症状や痛みがでます。そうすることで、むし歯になったことを知らせてくれます。

3.むし歯菌が歯の内部に侵入しようとするのを防御する働きもあります。

4.歯の神経はむし歯ができると歯を固くしたり、歯の組織を作ったりして、むし歯が急激に進まないように歯を守っています。

 歯の神経を抜いてしまうと・・・

1.歯が脆くなる

歯の神経を抜くと歯に栄養がいき届かなくなります。
そうすると歯は、枯れ木のようになり脆くなり、硬いものを噛んだ時に割れてしまうことがあったりして、歯の寿命も短くなります。

2.歯の色が変色してしまう

歯の神経を抜くとその歯は死んでしまいます。死んでしまった歯は新陳代謝がなくなり、古い組織がそのまま残ることになります。その残った古い組織が黒く変色してくため、歯の色も変色してしまいます。

3.再び痛くなることがある

歯の神経を抜くとその後一生涯、歯の痛みを感じないで済むなんてことは無く、神経を抜いたあとの空間が再び感染を起こしてしまい、数年経過してから再び痛みや腫れが出る可能性があります。
また、根の先に膿の袋を作り、顎の骨を溶かしていくこともあります。この膿の袋が大きくなると蓄膿症や口臭の原因にもなり、強い痛みが出ます。

4.治療期間、費用がかかる

歯の神経の治療は再感染しないように回数をかけてしっかり治療する必要があります。そのため治療回数も多く、治療期間も長くなります。
また、元の歯と同じような色や形にするには費用がたくさんかかります。

 早めの歯科受診と定期的な歯科検診を心がける  

歯の神経を抜かないといけない場合の多くは、むし歯の進行によるものです。
歯がしみたり痛みがあるけど、歯医者さんに行くのが面倒だからと放置していたり、痛み止めを飲みながら我慢しているとその間にどんどんむし歯が進行して神経まで到達してしまいます。
歯がしみたり、痛みがある場合はできるだけ早く歯医者さんで診てもらいましょう。

また、むし歯予防のために定期的に歯医者さんで歯科健診や、歯のメインテナンスを受けることをおすすめします。

お知らせ

★POIC WATERのページを作りました!!

★矯正歯科 来院スケジュール更新しました。(9月〜)

★当院では、新しく国内でも数少ない新型高性能医療用レーザーを導入しました。様々な治療に有効的に使用できるため、治療の際はご説明させて頂きます。

★4月16日テレビで話題のドッグベストセメント導入しました、削らない、痛くない、虫歯治療知ってますか?

診療時間


曜日

午前
9:00~
12:00

午後
2:30~
7:30









日・祝

・・・2:30~8:00
・・・2:30~6:00

予約優先0563-35-3500